FC2ブログ

おばちゃんの顔と声

Category : RICOH GRDII,GRDⅣ,GX100,CX2
R0013840.jpg

R0013871.jpg
GRD2

新幹線を降りて在来線に乗り換え、さらに山陽電車に乗り換えて、駅から数分歩いた。
斎場に着いたとき従妹が数人で受付をやっていたのだけどどんな顔をしていいかわからず
向こうから見ればなんだかわからないヘンな表情をしていたとおもう。

時間ぎりぎりだったせいか会場に着いてすぐにお通夜が始まり、そして焼香が始まった。
お経を聞き、焼香を済まし席に戻り、参列者の様子をじっと眺める。
全て滞りなく進行する不思議。よどみもなく斎場のアナウンスやBGMがひたすらうすっぺらに思う。
時間通りにお通夜は終わり、まるで通り過ぎるただの儀式のようだ。
そして部屋をまた出て行く参列者。

ふわふわと浮いたまま過ぎてしまったような時間だった。
一緒に外へ出ようとしたところで、ふと気づいた。
横で嫁が「見せてもらっていこう」と言った。

そうだ、伯母の顔を見ていない。

横にいた母の妹にあたる叔母に声をかけてお棺の顔を開けて貰う。
その顔はきれいで、本当にきれいで苦しんだ様子もなかった。
実際、救急車がきたときもまるで眠ったようだったらしい。

そのとき。その顔を見ていたとき信じられないほど一瞬で
子供の頃、この叔母の家で従妹と一緒に遊んでいた頃を思い出した。
そして、ほんとに頭の奥に”おばちゃん”の声がした。


僕の泣き顔を見られたのは嫁にだけだったと思う。
すでに誰もいなくなった棺の横で二人で手を合わせた。

そのあと従妹全員と顔を合わせて久しぶりに楽しく話をした。
おばちゃんが会わせてくれたんだ。そう思って遠慮なく笑った。

みんな笑っていた。

テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

伯母が亡くなった日

Category : RICOH GR1s,GR1v,GR21
R0013820.jpg

R001.jpg
GRD2

母の兄の奥さん、つまり伯母が先月突然亡くなった。
従妹の一人から連絡を貰ったのだけどあまりに突然でびっくりした。
伯母はその日も朝から普通に過ごして、昼ごろ突然胸が痛いと言い出して
そのまま亡くなったという。

僕の母方の親戚はみな漁師の家だ。母の兄弟は3人いてつまり”おば”にあたる人も3人いる。
その中でも亡くなったその伯母はいちばん会うことの少なかった人だった。
だから本当に正直なことを言えばお通夜や葬式に行くべきかどうなのか酷く迷っていた。

親戚であることや義理を考えれば行って当然だとわかってはいたけれど
でもなんだか釈然としなかったのは、ここ数年その伯母に滅多に会うこともなかった僕が
そんな場に行って良いのかと思ってしまったからだった。

なんというか”親戚だから”という理由だけで人の死を悼む場に顔を連ねるのが
僕の中でかえって失礼なことのように思えてならないのだ。
いい歳をしてばかげたことと思いつつもこういった場になると毎回同じ事を思ってしまう。
ひょっとすると本当に亡き人を悼む気持ちがそこで持つことが出来るのか自信がなかったのかもしれない。

それでも従妹の一人が
「従妹全員が顔会わすの何年ぶりかやから、おいでな。おばちゃんがみんなを会わせてくれてんねんで、きっと」
そう言ってくれて、ふっと気が楽になった。ああ、それなら伯母の顔も見られると思ったのだ。
よく考えたらそれは別の話。でも、それで僕はようやく素直に行く気になれた。

すぐに仕事中の嫁に連絡を取り、夕方には二人で新幹線の駅に向かった。
カメラを持って行くのも躊躇われたけど、使わなくてもいいやと思いつつGRD2だけを持って行った。
その日は西日が綺麗でなんだか新幹線を待つ間、自分と嫁の影ばかり撮っていた。



何枚も影を撮りながらくだらないことを言って一人で少し笑っていた
・・とおもう。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

 
Fmount AF lenses
Fmount MF lenses
L/M mount lenses
EFmount lenses
Medium format lenses
other mount lenses
 
Link
最新コメント
 
月別アーカイブ